タカタについて

沿革

創業以来、タカタは1000分の1秒を制御して乗員の安全を追求してきました。

厳しい現場を動かしてきたもの、それは、交通事故による犠牲者を減らす使命感、ものづくりへの好奇心、人のまねを許さない開拓者のプライド。

やがて、このDNAは海を渡り、全世界へと広がっていったのです。

“今日も地球のどこかで、TAKATA 製品が乗員の安全を守っている。”

私たちはこの純粋な喜びを宝として、これからも世界の仲間たちと共に挑戦を続けていきます。

タカタの願いは、「交通事故の犠牲者がゼロになる日」。
そして、TAKATAが「安全」の代名詞となるその日のために。

創業~1960年代

1933
高田武三、滋賀県彦根市に高田工場を創業、織物製造を開始。織物の技術を活かした救命索も製造。
1952
米国で行われていた車にシートベルトを装備する研究に触発され、パラシュート技術を応用したシートベルト研究に着手。(当時、日本における自動車の生産台数は年間39,000台)
1956
株式会社高田工場として法人化。
1960
日本初の2点式シートベルトを発表、製造販売を開始。
1962
運輸省運輸技術研究所、警察庁科学警察研究所の協力を得て、日本で初めてダミー使用の本格的実車衝突実験を一般公開。テレビなど多くのマスコミに取り上げられ、大きな反響を呼ぶ。
1963
シートベルトの本格的な効果測定のため、彦根製造所にスウェーデン式衝突実験場を設置。
日本国内で初めて量産車にシートベルトが標準装備され、タカタ製品が採用される。
1965
日本全国で、ダミーを使用した衝突実験を行い、NHK「スタジオ102」など、数多くマスコミで報道される(~1967)。
  • イメージ

    彦根製造所(1950年代)

  • イメージ

    日本初の2点式シートベルト(1960)

  • イメージ

    日本初のシートベルト衝突実験(1962)

1970年代

1971
パッシブレストレイントシステム(受動乗員拘束保護装置)を開発。
1973
米国連邦道路交通安全局(NHTSA)主催の衝突実験に参加。
タカタ1社のみが目標の時速30 マイル(実測32.3マイル、52km)で傷害基準をクリア。
「米国連邦道路交通安全局(NHTSA)主催の衝突実験」動画
1976
エアバッグの調査研究を開始。チャイルドシートの開発に着手。
1977
チャイルドシート「ガーディアン®」の製造販売を開始。
1979
シートベルトの国際シンポジウムを後援。
  • 米国NHTSA主催、実際にボランティアが乗車した衝突実験(1973)

  • イメージ

    チャイルドシート「ガーディアン®」(1977)

1980年代

1983
商号をタカタ株式会社に変更。
米国運輸省(DOT)が主催するエアバッグ普及と安全効果確認のためのフリートテスト用に、米国ハイウェイパトロールカー800台にエアバッグを納入。
1984
米州地区初の拠点として、米国ミシガン州にTakata Fisher Corporation を合弁設立し、シートベルトの製造販売を開始。
1985
チャイルドシート「ガーディアン®」が、全米幼児用品小売業者協会(NINFRA)より「1985 Product of the Year」を受賞。
1987
運転席用エアバッグモジュールの量産を開始。
米国コロラド州でチャイルドシートの製造を開始。
1988
米国ノースカロライナ州にHighland Industries, Inc.を設立し、テキスタイル、エアバッグ、その他内装部品の生産拠点を確立。
欧州地区初の製造拠点として、英国北アイルランドにECCを設立、シートベルトの製造販売を開始。
1989
米国にてGateway Industries Inc. 、Irvin Industries Inc. 2社を買収し、シートベルト・内装部品の製造販売を開始。
米国ノースカロライナ州にTK HOLDINGS INC.を設立。
  • イメージ

    チャイルドシート「1985 Product of the year」受賞

  • イメージ

    Higland Industries, Inc.(1988)

1990年代

1990
助手席用エアバッグの製造販売を開始。
1991
米国ミシガン州に研究開発拠点として、Automotive Systems Laboratory, Inc.を設立。
ドイツに、R&Dセンターとして、Takata (Europe) Vehicle Safety Technology GmbHを設立。
米国ワシントン州にTakata Moses Lake Inc.を設立し、インフレータの製造を開始。
1992
シンガポールにAutomotive Safety Systems Worldwide Pte Ltdを設立。
1994
メキシコにTAKATA DE MEXICO, S.A. DE C.V.を設立し、シートベルト、エアバッグクッションの製造を開始。
タイにTAKATA-TOA CO., LTD.を合弁設立し、シートベルト、エアバッグクッションの製造を開始。
1995
ドイツに、Takata ( Sachsen ) GmbHを設立。
1997
ブラジルに、Takata do Brasil Autopecas Ltda.を設立し、南米シートベルト市場に供給。
フィリピンに、Takata ( Philippines ) Corporationを設立、シートベルト、エアバッグクッションの製造を開始。
1999
シンガポールに、Takata CPI Singapore Pte Ltdを合弁設立。
チャイルドシート“MiLiB®”、“ISO-FIX”の製造販売を開始。
  • イメージ

    TAKATA-TOA CO., LTD.(1994)

  • イメージ

    Takata (Phillippines) Corporation(1997)

2000年代

2000
ドイツPETRI AG(大手ステアリングメーカー)を買収し、TAKATA-PETRI AGを設立。
2002
中国にTakata (Shanghai) Safety Systems Co., Ltd.を設立し、シートベルト、エアバッグ、ステアリング・ホイールの製造販売を開始。
ルーマニアのTAKATA-PETRI Romania S.R.L.にて、ステアリング・ホイールの製造を開始。
2003
中国にTakata (Shanghai) Automotive Component Co., Ltd.を設立し、エアバッグ、ステアリング・ホイールの製造を開始。
2004
ルーマニアのTAKATA-PETRI Romania S.R.L.にて、シートベルトの製造を開始。
ルーマニアにTAKATA-PETRI Sibiu S.R.L.を設立し、エアバッグファブリックの製造を開始。
2005
進化したエアバッグ、世界初のツインバッグを開発し、量産車に搭載開始。
中国にインフレータ拠点としてTakata (Changxing) Safety Systems Co., Ltdを設立。
2006
東京証券取引所市場第一部に上場。
ドイツにTAKATA-PETRI PlasTec GmbHを設立。
世界初の量産二輪車用エアバッグの量産を開始。
2007
歩行者頭部保護エアバッグがNHKにて報道され、同年の東京モーターショーに展示し、大きな反響を呼ぶ。
歩行者頭部保護エアバッグ シミュレーション動画
佐賀県有田町にタカタ九州株式会社有田製造所を設立。
インドにTAKATA INDIA PVT LTD.を設立。
2008
オートモーティブ・ニュースPACEの「イノベーション・パートナーシップ賞」を受賞。
ドイツにヨーロッパの開発拠点としてTAKATA R&D Center Berlinを新規拡充。
韓国にR&Dセンターを設立。
中国にR&Dセンターを設立。
中国にTakata Automotive Electronics (Shanghai) Co., Ltd.を設立
  • イメージ

    TAKATA-PETRI AG(2000)

  • イメージ

    二輪車用エアバッグ(2006)

  • 歩行者頭部保護エアバッグ(2007)

2010年代

2010
モロッコにTAKATA-PETRI MAROC SARLを設立し、ステアリング・ホイールの製造を開始。
ロシアにTAKATA-PETRI Rus LLCを設立。
世界初の乗用車用エアベルトを開発。量産車に搭載開始。
エアベルト試験動画
2011
南米ウルグアイにエアバッグ生産工場Takata Uruguay S.A.を設立。
オートモーティブ・ニュースPACEの「Manufacturing Process賞」を受賞。
インドネシアにPT. TAKATA AUTOMOTIVE SAFETY SYSTEMS INDONESIAを設立。
TK HOLDINGS INC.北米アーバンヒルズ工場に衝突試験施設を新規拡充。
2012
中国上海にテクニカルセンターTakata (Shanghai) Vehicle Safety Systems Technical Center Co., Ltd.を設立。
中国天津市にTakata (Tianjin) Automotive Component Co., Ltd.を設立し、シートベルト、エアバッグ、ステアリング・ホイールの製造販売を開始。
BAE Systemsの子会社BAE Systems Safety Product Inc.、Schroth Safety Products GmbHを買収し、航空機分野へ本格的な新規参入とモータースポーツ分野の事業強化を図る。
  • エアベルト試験動画(2010)

このページの先頭へ