身近なタカタ

チャイルドシートについて

チャイルドシートを選ぶポイント

2000年4月の道路交通法改正により、6歳未満の子どもを車に乗せるときには、チャイルドシートの着用が義務化されています。では、チャイルドシートであれば何でもいいのでしょうか?
チャイルドシートは子どものためのシートベルトです。万一の時に赤ちゃんを守ってもらう物だから、やっぱり安全性の高い商品を使って欲しいです。
でも、乗せる赤ちゃんの体重や体格によって使い方や種類も変わり、車との適合性や家族構成なども考えて選ぶ必要があります。いざチャイルドシートを買おうと思われたとき、種類がたくさんあって何を基準に選べばいいのか悩まれたことはありませんか?
チャイルドシートを購入する前に、ぜひ一度、車に取り付けてみることをお勧めしまが、まずは簡単な選び方のポイントを紹介します。

チャイルドシートにはさまざまな種類があり、赤ちゃんの成長によって使い方が変わります。

チャイルドシートは、大きく分類すると以下の3種類に分けることができますが、乳幼児兼用モデル(新生児~4歳ごろ)や幼児・学童兼用モデル(3歳~12歳ごろ)など、さまざまな種類があります。乗せる子どもの体重や体格、家族構成を考えてから選んでみてください。

また、赤ちゃんは産まれてから毎日のように成長し、昨日までピッタリだった洋服が急に小さく感じてきたりするなど、成長の早さに驚かされることがあります。チャイルドシートも洋服と同じように、赤ちゃんの成長に合わせた使い方や種類を変える必要があります。

乳児用 対象 10キロ未満(新生児~9ヶ月ごろまで)
または、13キロ未満(新生児~1歳半ごろまで)
取り付け方:後ろ向き
幼児用 対象 9~18キロ未満(9ヶ月~4歳ごろまで) 取り付け方:前向き
学童用 対象 15~36キロ未満(3歳ごろ~12歳ごろまで) 取り付け方:前向き
イメージ
※ 年齢はおおよその目安です。子どもの体重(体格)に合わせてお使いください。

車との適合性とは?

車は軽自動車からコンパクトカー、2ドアのスポーツタイプの車、3列シートまである大きなミニバンタイプの車までたくさんの種類があります。さらに、車のシートとシートベルトもさまざまで、シートはフラットな物もあれば、深くえぐりこんでいる形もありますし、リアタイヤのタイヤハウスがせり出して、しっかりとチャイルドシートを取り付けるのが難しい車もあります。

また、シートベルトはバックルの出ている長さが違ったり、腰ベルトのみの2点式シートベルト、肩ベルトが付いている3点式シートベルト、チャイルドシート固定機能が付いていたりするシートベルトもあります。

「せっかくチャイルドシートを買ったのに、取り付けられない。」なんてことの無いように、チャイルドシートを購入する前に、実際に一度ご自身の車に取り付けてみることをお勧めします。 購入前に試着することが難しい場合には、車種別適合表などを参考にして、取り付けができるか確認してみてください。

チャイルドシートの取り付け方はさまざま

チャイルドシートメーカーや機種、車によってチャイルドシートの取り付け方が違ってきますが、まずは、チャイルドシートと車の取扱説明書をじっくりと読んで、車にしっかりと取り付けられるまで何度でもチャレンジすることが大切です。

どこまでしっかりと取り付けていれば大丈夫なのか?ベルト部分の締め付けはどれぐらいが適切なのか?販売店などで、ぜひ一度ご自身の力で車へ取り付けてみることをお勧めします。

背の高い大きな車でも、チャイルドシートを取り付けると意外に狭く感じてしまう車内。限られたスペースの中で、しっかりと取り付けることができるチャイルドシートを選びましょう。

また、販売店の方に、購入時にしっかりと取り付けてもらっても、急に違う車に取り付ける事になったり、ずっと同じ車に取り付けていても、徐々に車のシートと馴染んできて緩くなってきたりします。

定期的に緩みをチェックするためにも、「チャイルドシートの取り付けは、パパに任せておけば安心♪」と言わずに、ママ一人でもしっかりと取り付けられるようにしておくと安心ですよ。

チャイルドシートの安全性(チャイルドシートアセスメント)

チャイルドシートは安全装置なので、より安全性の高い物を選びたい。でも、どの商品が安全なのかよく分からないですよね?そんなときにはこれ!「チャイルドシートアセスメント」です!

チャイルドシートアセスメントとは、国土交通省と自動車事故対策機構が実施している、安全なチャイルドシート選びのための安全性能試験です。試験内容は、前面衝突試験と使用性評価試験で行われ、特に前面衝突試験は、国の安全基準の衝突試験速度より1割増しの55キロで行われており、より厳しい基準で評価しています。その結果は「優・良・普通・推奨せず」の4段階で評価されていて、どの商品が高評価を得ているのかひと目で分かります。

「チャイルドシートアセスメント」結果は下記ホームページで公開されています。

ISOFIX対応チャイルドシートって?

チャイルドシートの多くはシートベルトで固定するタイプ(ユニバーサルタイプ)ですが、ISOFIX対応チャイルドシートは、車の座面と背もたれのすき間に付いているISOFIX対応固定専用バーを使い固定します。何が大きく違うのかといいますと、車のシートベルトを使わずに車に付いている金具を使って固定するため、取り付けるための技術や、力に関係なく、誰でも簡単に取り付けることができ、ミスユースをほぼ完全に防ぐことができます。

2006年10月の法改正により、新基準に適合した車とチャイルドシートで、かつ車とチャイルドシートのタイプが合えばどの車にも取り付けて使うことができます。 子どもが産まれたので新しく車を買おうと検討されている方は、一度ISOFIX対応チャイルドシートについても一緒に検討されてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ