身近なタカタ

シートベルトについて

クルマに乗ったら、全員シートベルト。
シートベルトは正しく着用されることで、より高い効果を発揮する安全システムです。
「スピードも出さないし、安全運転をしているからシートベルトをしなくても大丈夫!」と思われていませんか?
実は、自分の手足で支えられるのは体重の2〜3倍程度の重さまでで、
時速にすると3〜5km前後の衝突が限界と言われています。 
また、シートベルト非着用時の致死率は、着用時にくらべ運転席でおよそ47倍※も高いと言われています。
安全運転をしていれば絶対に大丈夫だという保証はどこにもありません。
「クルマに乗ったら、全員シートベルト」をお願いします。

※2009年警察庁交通事故統計による

シートベルト着用・非着用実験映像

  • 後席シートベルト着用運転席アップ

  • 後席シートベルト非着用運転席アップ

  • 後席からの車載カメラ

  • 後席からの車載カメラ

このページの先頭へ