身近なタカタ

Racer´s Voice

太田 哲也 選手

イメージ
イメージ

まず、装着した時のフィーリングに関して、ベルトの幅が広いこともあり擦れるような痛さがなく、鎖骨への当たり方も柔らかいのがよい。緩みもなく使用感が高い。肩パットも使用しているが、肌触りが柔らかくてよい。また、機能性も高く、ベルトを締めたり緩めたりする際にスムーズさがある。シートベルトは何より衝突した時の安全性や身を守るために使うものだが、タカタ製品は国産メーカーであることの信頼感、安全性の高さを感じる。希望としては、他の色があるとさらに選択肢が広がっていいと思う。

プロフィール

1984年
筑波FJ1600B シリーズチャンピオン
 
FJ1600A シリーズ2位
1985年
筑波FJ1600A シリーズ2位
 
鈴鹿FJ1600A シリーズ3位
1986年
全日本F3選手権 シリーズ9位
 
富士グランチャンピオンレース 最終戦スポット参戦  
1987年
全日本F3000選手権  
 
富士グランチャンピオンレース  
 
全日本ツーリングカー選手権  
1988年
全日本F3000選手権  
 
富士グランチャンピオンレース  
 
全日本ツーリングカー選手権  
1989年
全日本F3000選手権  
 
富士グランチャンピオンレース シリーズ10位
 
全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権  
1990年
全日本F3000選手権  
 
全日本ツーリングカー選手権  
 
全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権  
1991年
全日本F3000選手権  
 
全日本ツーリングカー選手権  
 
全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権  
1992年
全日本ツーリングカー選手権  
 
N1耐久シリーズ  
1993年
ルマン24時間耐久レース  
 
鈴鹿1000km耐久 総合6位 / クラス3位
 
バレルンガ ヨーロッパGT  
1994年
ルマン24時間耐久レース  
 
鈴鹿1000km耐久  
 
全日本GT選手権  
1995年
ルマン24時間耐久レース  
 
鈴鹿1000km耐久  
 
全日本GT選手権  
1996年
ルマン24時間耐久レース  
 
鈴鹿1000km耐久  
 
全日本GT選手権  
1997年
全日本GT選手権 シリーズ7位
 
GTオールスター戦 優勝
1998年
全日本GT選手権  
 
5月 全日本GT選手権 第2戦で事故に巻き込まれ瀕死の重傷を負う。  
2001年
3年の療養生活を経て自動車評論家として復活。サーキットにも復帰を果たす。事故から立ち直るまでの軌跡を書いた自叙伝『クラッシュ』『リバース』(幻冬舎)がベストセラーとなり、映画化もされる。  
 
「KEEP ON RACING」のチームを設立する。。  
2002年
アルファチャレンジカップ  
2005年
アルファロメオ、フェラーリのチューニングブランド「TEZZO」を立ち上げる  
2006年
「TEZZO RACERS CLUB」を立ち上げる  

現在は、自動車評論家として多数の連載を持つかたわら、自らがプロデュースするカーブランド「TEZZO(テッツォ)」を立ち上げた他、40歳以上の社会人レースクラブ「太田哲也とオヤジレーサーズ(TEZZO RACERS CLUB)」を率いている。学校をはじめとして病院、福祉施設、企業などでの講演活動や執筆活動を通じ、若い世代に「チャレンジする素晴らしさ」を伝える社会貢献活動「NPO法人 KEEP ON RACING」も代表を務めている。

※2010年8月時点

フォトギャラリー

このページの先頭へ