製品ラインナップ

ISOFIX 固定タイプ

ISOFIX固定で取り付けミスを軽減。安全性もしっかり確保します。 ▶ ISOFIX固定タイプとは?

■ISOFIX固定タイプとは?  閉じる

ISOFIX(アイソフィックス)とは、チャイルドシートの誤装着を防ぐために国際標準化機構(ISO)が、固定システムの基本構造とその強度・形状などについて定めた規格。ISOFIX固定タイプのチャイルドシートは、後部座席などに設置された2個の強固なISOバー(取り付け金具)に、チャイルドシートのベース後方にある2個のコネクターを差し込んで固定します。金属同士で強固に固定するため、取りつけミスが軽減できるのが大きな魅力です。
日本ではこれまで、ISOFIX固定タイプといえば、自動車メーカーの純正品しかありませんでした。しかし、2006年10月にクルマの安全基準が一部改定されたのを機に、クルマへのISOバーの装備が義務づけられました(完全適用は2012年7月1日から)。今後はISOFIX固定タイプがチャイルドシートの主流となります。

シートベルト 固定タイプ

正しい取り付けをサポートする、さまざまな機能が充実。 ▶ シートベルト固定タイプとは?

■シートベルト固定タイプとは?  閉じる

文字どおり、クルマのシートベルトをチャイルドシートの背面に通して固定するタイプ。3点式のシートベルトを用いて3点で支えて固定する「3点固定式」と、シートベルトの肩ベルトと腰ベルトを束ねて2点で固定する「2点固定式」がありますが、現在の主流は「3点固定式」です。 シートベルト固定タイプのチャイルドシートは、クルマの座席にしっかり固定し、ぐらつきやゆるみをなくすことが重要です。

ジュニアシート