TAKATAの基本

TAKATAのこだわり

かんたんな操作で、正しい取り付けをサポートします。

万一の事故からお子さまを守るには、チャイルドシートがクルマにしっかり取り付けられていることが大前提。
そのためには、ママひとりの少ない力でも確実に固定できることが大切です。
そこでTAKATAでは、“安全を簡単にする”ための技術をチャイルドシートに取り入れました。

ISOFIX固定タイプ

ISOFIX固定タイプの場合、クルマへの取り付けは、クルマの後部座席などに装備されたISOバー(取り付け金具)に、チャイルドシートのベース後方にあるコネクターを接合して固定するだけ。金属同士の結合なので、ガッチリ強固で安全性が高いのが特徴です。

シートベルト固定タイプのチャイルドシートでは・・・ ISOFIX固定タイプ

シートベルト固定タイプでは、独自に開発した「プリローダー®システム(ママ楽ハンドル®)をはじめ、お子さまの乗せ降ろし時のバックル操作が片手で行える「マグネット付タング」や「自立バックル」を採用。また、暗い車内での取り付け操作をスムーズかつ確実に行うために、バックル部と本体背面に「LED」を搭載したモデルもご用意しています。

クルマにISOバーが装備されているかをチェック!

2012年7月、クルマの安全基準が一部改定され、日本国内の安全基準から欧州の安全基準(EC基準)に移行しました。この改定によって、2012年7月以降に生産されたクルマには、ISOバーの装備が義務づけられました。takata04-i fixシリーズご購入前には、チャイルドシート車種別適合表やクルマのマニュアル等をご参照の上、クルマへの取り付けの可否をご確認ください。

チャイルドシートの取り付け情報

[主な間違い]

○腰ベルトの締め付け不足
○座席ベルトの通し方の間違い
○固定金具等の不備・誤使用
○サポートレッグの調整不良
○バックル側の不適合
○座席ベルトの長さ不足

2012年 警察庁、JAF調査

ママへのやさしいサポート機能。

万一の事故からお子さまを守るには、チャイルドシートがクルマにしっかり取り付けられていることが大前提。そのためには、ママひとりの力でも確実に固定できることが大切です。そこで必要になるのが“安全を簡単にする”ための技術です。TAKATAでは、独自に開発した「プリローダー® システム(ママ楽ハンドル® )」をはじめ、お子さまの乗せ降ろし時のバックル操作が片手で行える「マグネット付タング」や「自立バックル」をチャイルドシートに採用。また、smartfix LSのバックル部と本体背面には「LED」を搭載し、暗い車内でも操作がスムーズに行えるよう、確実な取り付けを光でサポートします。beans AJにはお子さまの成長に合わせて肩ベルトがつねに適正な位置に保てるよう、「フラップショルダーアジャスター」を採用しています。
これらは簡単な操作でチャイルドシートの正しい使用をサポートする、TAKATAならではの機能です。

TAKATAの基本 TAKATAの信頼性