製品・サービス

さらなる安全システム

エアベルト

衝突時にシートベルトがエアバッグの様に瞬時に膨らむエアベルトを、タカタが世界で初めて乗用車用に製品化しました。

このエアベルトは、衝突時にシートベルトが頭部横から肩、胸にかけて膨らみ、前面衝突だけでなく、側面衝突の際には頭部を保護する世界初の全く新しい乗員拘束システムです。

前面衝突時には、エアベルトが膨らむと同時にエアベルトの長さが収縮して余分なたるみを取り拘束性能を高め、膨らむことでベルトによる乗員の胸部の接触面積が広がり、体に加わる衝撃を分散し傷害を軽減します。側面衝突時には頭部横で膨らんだエアベルトが瞬時に頭部を拘束しサイドウインドウや車内構造物などとの衝突から乗員を守ります。

エアベルト動画

実写(正面、スロー)

二輪車用エアバッグ

タカタが世界で初めて量産化した二輪車用エアバッグは、ガソリンタンク後部に搭載され、前面衝突時にハンドルとライダーの間に展開し、ライダーが前に飛び出すのを受け止めます。

二輪車用エアバッグの容量は、車で一番大きい助手席用エアバッグに比べてもさらに大きなエアバッグです。また、中央がくぼんだV字形状をしており、車体に固定する支持ベルトが付いているなど、車に搭載されているエアバッグとは異なった特徴を持つエアバッグです。

ライダーの前方移動を瞬時に展開したエアバッグで受け止めることで、運動エネルギーを吸収し、車や道路との衝突を軽減する(新しい)コンセプトのエアバッグです。

二輪車用エアバッグ動画

実写(正面、スロー)

ポップアップフードデバイス

イメージ

ポップアップフードデバイスは、歩行者との衝突の際、歩行者の傷害を軽減するためにボンネットフードを後端から持ち上げるシステムです。車両に取り付けられたセンサーが歩行者との衝突を検知すると、ボンネットフード後端にある左右のヒンジ近くに設置されたポップアップフードデバイスがボンネットフードを持ち上げます。ボンネットフードを持ち上げてエンジンとの間にスペースを作り、ボンネットフードが変形することで歩行者の頭部が受ける衝撃を吸収し、傷害の度合いを軽減します。

車線逸脱警報システム

イメージ

毎年、車が車線から逸脱する事故で多くの乗員が死傷しています。運転者の脇見や注意低下により生じる逸脱事故を少しでも減らすため、タカタは車線逸脱警報システム(LDW)を開発し、販売を開始しました。この新しい製品は、タカタの安全システムを構成する衝突センサーや乗員センサーなどのエレクトロニクス製品群に加えられ、安全を見守る目として、交通事故そのものの低減に寄与します。

歩行者頭部保護エアバッグ

イメージ

歩行者頭部保護エアバッグは、ポップアップフードデバイスからさらに歩行者頭部の保護範囲を拡大するためのもので、当社のエアバッグ技術を応用・発展させたものです。
車両に取り付けられたセンサーが歩行者との衝突を検知すると、ボンネットフード後方の下側に設置されたエアバッグが作動し、まずボンネットフードを持ち上げます。さらにウインドシールドフレーム前端と両サイドのピラー部分を覆うように展開します。 ピラー部を覆うことで、歩行者の頭部保護範囲を拡大し、より多くの歩行者の事故形態に対応するシステムです。

フロントセンターエアバッグ

イメージ

側面衝突は乗員から見ると、自分から近い側(ニアサイド)の衝突とその反対側、つまり自分から遠い側(ファーサイド)の衝突の2種類があります。 現在法規やアセスメントで評価されているのはニアサイドのみですが、事故から乗員を守るためにはファーサイドの衝突をもケアしなければなりません。 フロントセンターエアバッグは左右二つの席の間に展開してどちらの衝突からでも乗員を守ることを目的に開発しています。

このページの先頭へ